トイレリフォームでおすすめの便器の色

トイレ6

毎日使う空間だからこそ、快適に過ごしたいのがトイレスペースです。トイレ専用グッズなど様々な工夫がありますが、全体の雰囲気をガラッと変えられるリフォームもおすすめの手段です。ここでは、トイレのリフォームでおすすめの色や、リフォームの流れなどをまとめてご紹介します。

トイレのリフォームを考えている方は参考にしてみてみてください。

トイレリフォームとは

リフォームとは老朽化した建物を新築の状態に戻すことを指します。英語でリフォームという単語は「悪い状態から改善する」という意味を持ち、住居のリフォームを行う場合もこれに当てはまります。老朽化で汚れたり破損している部分を、リフォームで改善することができるのです。

リフォームは建物全体だけではなく、キッチンや玄関など、住居スペースの一部を改善することも可能です。老朽化しても同じ建物に住み続けたいという方に、全体を取り壊すのではなく住みやすく改善する方法として、リフォームはおすすめの方法です。

トイレのリフォームも人気です。毎日使う空間であるトイレを、より過ごしやすく使いやすくするため、リフォームは効果の高い方法です。また、技術の進歩により、トイレと一言で纏めても様々なものが販売されるようになりました。

これがあると便利、という機能も数多く、特に自宅で介護をしている人にとってはトイレの機能や空間の広さというのは気になる話題です。

失敗しないトイレリフォームのコツ

リフォームで重要なのが、イメージのすり合わせです。自分の持っているイメージや要望をきちんと叶えるために、事前のイメージのすり合わせはしっかり行っておきましょう。家族との話し合いも大切です。同じ家に住んでいても、目の付け所は異なります。

自分だけの要望でリフォームを行い家族に不評、という結果にならないよう、話し合いはきちんと行いましょう。リフォームで最も重要なのが、家族全員が快適な暮らしを送れるかどうかです。後悔しないように、家族全員で話し合っておきましょう。

将来を考えたリフォームも大切です。同じ家に長く住み続ける場合、自宅介護という選択肢も出てきます。また、老化と共に体が思うように動かしづらくなり、トイレが使いにくいと感じることも出てくるかもしれません。このようなことを防ぐために、長い目で見たリフォームを考えましょう。

転倒防止の手すり、使いやすい広いスペース、自動で点灯する電気など、長く使う上で欲しい機能や便利な機能をチェックしておき、リフォームに盛り込みましょう。

トイレリフォームには便器の色を変えるのもおすすめ

トイレリフォームでは利便性も重要ですが、空間の雰囲気作りも大切です。参照元>>交換できるくん … トイレリフォーム

毎日使う場所だからこそ、雰囲気のいい場所作りは重要なものになります。雰囲気作りの重要なポイントの一つとなるのが、便器の色です。便器の色はトイレ全体の雰囲気を大きく左右します。便器の色というと白が一般的ですが、実は様々な色が用意されています。

自宅の雰囲気やトイレの雰囲気に合わせて、便器の色を変えてみるのもおすすめです。

トイレリフォームにローンを利用する場合の心構え

トイレリフォームにおすすめの色

トイレは基本的に限定された狭い空間になります。しかし、便器の色を淡くすることで圧迫感のない空間造りが可能となります。便器の色を変えたいと考えている方は、トイレの広さを考えながら色選びをしましょう。最も使われている白は、どんな空間にも合わせやすい汎用性の高さがあります。

また、トイレに重要な清潔感もあるので、便器の色と言えば白、という一般的なイメージが浸透しています。トイレをもっと明るく可愛らしくしたいという方に人気なのがパステルピンクです。特に女性に人気の高い色で、トイレの不潔なイメージを払しょくします。

木目調のインテリアが多い家には、ブラウンやベージュといった色合いがおすすめです。暖かく温もりが感じられる色合いで、トイレを落ち着いた空間にしてくれます。

ナチュラルなイメージを持たせたいという方は、グリーンがおすすめです。植物を連想させるグリーンは、爽やかさがありトイレという密閉空間を解放的にしてくれます。また、グリーンは和風の自宅にも使いやすい色合いです。

大人っぽい落ち着いた雰囲気と高級感を演出したい方は、ホワイトグレーがおすすめです。一風変わった色合いですが、おしゃれな雰囲気でトイレの印象をまとめてくれます。

トイレリフォームの流れ

トイレのリフォームは、まずスケジュールを立てることから始まります。家族全員が使用するトイレなので、それぞれの予定や都合に合わせたスケジュール作りをします。後々のトラブルを回避するために、余裕を持ったスケジュールにしておくのが重要です。

次に、必要な予算を決めます。予算はゆとりを持たせることが大切です。予想外の補強など、場合によっては予想外の出費が必要になることもあるので、見積り価格より多めに予算を用意しておくと良いでしょう。最後にリフォーム会社を決めます。

安さだけでなく、サービス内容や実績、担当の対応などを総合的に判断し、納得のいく会社を選びましょう。会社を選んだら契約し、工事開始です。施工期間はリフォーム内容により異なるので、開始前に必ず確認しておきましょう。